・08/08/30:FMヨコハマの小山薫堂さん、柳井麻希さんの番組に井鍋安弘が生出演してきました!

「朝が苦手なのを克服したい!」
「グッスリ深く眠って疲れを取るのに、自分に合った方法は?」


私たち「いなべ」の調査と快眠診断におまかせ下さい!
最近、食事に気を付ける人は増えましたが、その食事の消化・吸収を
睡眠のとり方」左右します。ただ適当に寝ている睡眠を快眠に変えるだけで、
朝の体調・毎日の体が軽くなるんですね。

早速あなたも実感してみませんか?私たちがお手伝いします!

【ランキング実績】
・08/04/14:にほんブログ村ランキング/「睡眠」部門1位到達
小山薫堂がホテル企画で採用した寝具が買える!
「日本一の眠り馬鹿」井鍋安弘とスタッフ
あなたの快眠案内所


井鍋物語
プロフィール、
もっと言えば
私の原点です。


布団販売業の問題点


ここをクリックすると、今一番人気のインテリアショップを一覧できます。

 こんばんは、わたしの眠りいなべ の

井鍋安弘でございます。

 

さて、本日は【布団販売業の問題点】について書かせて頂きます。

 

日本の布団販売において西川チェーン様は偉大な存在でございます。

ある意味、日本の布団を様々な角度からリードしてきており、

 

少なくても1度や2度は日本の人は

お世話になっているのではないでしょうか。

 

しかし、そこには問題もあると思います。

布団販売業の問題ととらえるか、甘えととらえるか、

様々な意見がございますが、私の見解を述べさせて頂きます。

 

西川チェーンオリジナル商品は、全国展開をすることに対して

いろいろな規制をかけております。

 

特に価格を守っていることを約束していても、

自分の店舗の地域のみでの販売を前提にしております。

そのことが、障害になっているのです。

 

正しくは、前向きに布団販売業を営もうと思っている、

次世代の若い経営者に対して障害になっております。

 

細菌は、販売チャンネルが多様化しすぎてしまったために、

メーカーのブランド力がなくなってきたとおもいます。

 

例えば、イトーヨーカ堂さまでも、

羽毛布団の目玉は西川チェーンの商品であり、

同じスペックで専門店の半額以下で

販売されているものもある現実があります。

 

これでは、専門店の布団の方が高品質であると

ご説明をさせていただいたとしても限界を感じるとともに

消費者に対して罪悪感すら感じる事もございます。

 

布団販売業における10年後を考えた場合に、

マーケットの拡大というテーマから

目を背けるわけにはいかないと思います。

 

消費者一人一人の行動範囲が、

20年前と変わっている現在において

消費者の行動特性を分析することは

どの業界、業態でも同じであります。

 

情報流通量が乏しい時代は、

町の布団屋さんの状態でも商いができましたが、

現在そのような事を行っていても、

若い経営者は生活自体に支障をおこすのではないでしょうか?

 

しかし、同じ布団が様々な金額で販売されている現実があります。

 

商品に惚れて、勉強をして、体験をして、

お客様に伝える努力を行う。

 

このような事を徹底している全国の布団販売業の人を

私は沢山知っております。

しかし、同じ商品が安く販売されている現実がある。

 

資本主義、大量消費、自由社会と

言ってしまえばそれまでですが、

 

これでは、良い商品を”熱い気持ち”で

ご紹介出来なくなることも事実です。

 

同じ商品を、

価格差だけで販売する時代はもう終わりになると私は思います。

 

そこには、

本質、本物、真実などといった言葉がキーワードとなり、

ビジネスを行わないといけない根幹が見えていると思います。


にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同

この記事を読んだ人に読まれた他の記事


この記事と同じカテゴリーの最新記事

いなべ快眠ブログにコメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:
http://www.my-nemuri.jp/mt/mt-tb.cgi/375