・08/08/30:FMヨコハマの小山薫堂さん、柳井麻希さんの番組に井鍋安弘が生出演してきました!

「朝が苦手なのを克服したい!」
「グッスリ深く眠って疲れを取るのに、自分に合った方法は?」


私たち「いなべ」の調査と快眠診断におまかせ下さい!
最近、食事に気を付ける人は増えましたが、その食事の消化・吸収を
睡眠のとり方」左右します。ただ適当に寝ている睡眠を快眠に変えるだけで、
朝の体調・毎日の体が軽くなるんですね。

早速あなたも実感してみませんか?私たちがお手伝いします!

【ランキング実績】
・08/04/14:にほんブログ村ランキング/「睡眠」部門1位到達
小山薫堂がホテル企画で採用した寝具が買える!
「日本一の眠り馬鹿」井鍋安弘とスタッフ
あなたの快眠案内所


井鍋物語
プロフィール、
もっと言えば
私の原点です。


現代の眠りについて


ここをクリックすると、今一番人気のインテリアショップを一覧できます。

あらためておめでとうございます。

私の眠りいなべ、【眠り馬鹿】の井鍋安弘でございます。

 

本日から、本格的に営業を開始させていただきました。

本年も一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

さて本日のテーマですが、

わたしの考える【現代の眠りについて】でございます。

 

●生活習慣と眠りの問題点

「ストレス社会」と「24時間のライフスタイル」と

いう事で5人のうち1人が不眠症

という現状をみなさまはご存じでしょうか?

 

眠りの価値は以前よりも向上しているにも関わらず、

優先順位は低いままであることが

現代社会の矛盾であることもご理解して下さい。

 

 

●眠りの変化

20年から30年以前より”うつ病”や”うつ状態”の人が

急増していることはみなさまもご存じのことと思います。

 

これは、眠れない方が増えたということであると

私は確信しております。

 

では、なぜ眠れない方が増えたのでしょうか?

 

様々なことが考えられますが、

その中のひとつに【ストレスの社会】という答えがございます。

 

では、ストレスをどのように取り除くかは

20年から30年以前と同じやり方ではだめであります。

なぜならば生活スタイルが激変しているからでございます。

 

常に緊張感の中で生活をすることが

当たり前になっているのであります。

 

”ゆとり”というものは、

携帯電話が普及しスピードを求められている現代では

全く無いといっても過言ではないのでしょうか?

 

ただし、唯一ゆとりの時間がございます。

それは”眠っている時”なのです。

 

しかし眠りが変化したという説もあります。

私の見解では、変化の原因は就寝前における

生活習慣の変化が原因であると考えます。

 

そのためには、

眠りに対する正しい知識を身につけ、

より集中してリラックスのできる眠りを

追求することが重要で必須なのです。

 

このことを伝えられる人が

少ない事も事実であると感じます。

 

眠りを追求することが私の使命であります。

それは【現代の眠り】を

布団販売を通じて感じ取ってきたからなのです

 

明日は、

だからこそ【いなべの提供したいもの】をご案内させて頂きます。



にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同

この記事を読んだ人に読まれた他の記事


この記事と同じカテゴリーの最新記事

いなべ快眠ブログにコメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:
http://www.my-nemuri.jp/mt/mt-tb.cgi/377