・08/08/30:FMヨコハマの小山薫堂さん、柳井麻希さんの番組に井鍋安弘が生出演してきました!

「朝が苦手なのを克服したい!」
「グッスリ深く眠って疲れを取るのに、自分に合った方法は?」


私たち「いなべ」の調査と快眠診断におまかせ下さい!
最近、食事に気を付ける人は増えましたが、その食事の消化・吸収を
睡眠のとり方」左右します。ただ適当に寝ている睡眠を快眠に変えるだけで、
朝の体調・毎日の体が軽くなるんですね。

早速あなたも実感してみませんか?私たちがお手伝いします!

【ランキング実績】
・08/04/14:にほんブログ村ランキング/「睡眠」部門1位到達
小山薫堂がホテル企画で採用した寝具が買える!
「日本一の眠り馬鹿」井鍋安弘とスタッフ
あなたの快眠案内所


井鍋物語
プロフィール、
もっと言えば
私の原点です。


いなべの提供したいもの (青年について)


ここをクリックすると、今一番人気のインテリアショップを一覧できます。

 おはようございます。

私の眠りいなべ【眠り馬鹿】の井鍋安弘でございます。

ちなみに眠り馬鹿に関する詳しい内容はこちらを参照して下さい。

 

今日は全国的に雨模様みたいですね。

先程東京の知人と電話をいたしましたが、

なんでも久しぶりの雨で底冷えがするといっておりました。

 

この様な日は、正直なところ布団から出にくい、

正確には出たくないというのが本音なのですが、

皆様はいかがでしょうか?

 

ちなみに「布団から出たくない」というこの言葉なのですが、

最近聞かなくなってきて様に感じます。

 

多分、住環境が改良・整備され、

高気密高断熱といった住宅やマンションが増えたため、

少ない暖房でも部屋というより、家全体が暖まり、

昔のような布団の中と外の温度差が少なくなって

きているのが原因の一つとも考えられます。

 

昨日は児童に対して「いなべの提供したいもの」を

ご紹介、また私の思いをお伝えさせて頂きました。

 

今日は、少し補足をして【青年】にたいしての、

私の思いをお伝えさせて頂きたいと思います。

 

ここで話す青年とは、

小学校、中学校、高等学校に通われる学生の方、

また大事な大学受験等の受験生を考えております。

 

昨日の児童と明らかに違うことは2つ

●ストレス過多

●なりきっていない大人の身体

 

●ストレス過多

まずはストレスですが、

私たちの昭和という時代のように、

遊ぶことが仕事という時代ではありません。

 

青年は青年のなかで、大人の社会同様な

競争とスピードの世界が繰り拡がっているのです。

 

またメール、携帯電話、インターネット等の

インフラが整備され情報過多の時代になり、

情報を知らないことが罰の風習も地域によってはあるでしょう。

 

これは、全ての年代での問題化と思いますが、

特に決起多感で興味過多のこの年代には

敏感に心身への影響があるのではないかと私は考えます。

 

また、考えない、情報に振り回されるといった

脳への障害も少しづつですが考えられている時代です。

 

明らかに20年から30年前の青年の行なわないといけない事が、

数倍にふくれあがり、また団塊ジュニア世代の親からの

期待と期待という名のプレッシャーを感じ取っているのです。

 

身体を休める。

  ↓

脳を休める。

  ↓

心を休める。

 

その意味でも、最低1日6時間以上(希望は8時間)以上の

睡眠が必要であることは、実はみなさまはご存じです。

 

知識はあるが、理解できていないという現実があります。

 

●成長しきっていない大人の身体

この年代の身体は非常に難しいのです。

なにがと申しますと、布団をご紹介するにあたってなのです。

 

1年1年が違う身体ですから、

身体にあったものをおすすめすることが非常に難しいのです。

 

重要なのは、一般成人よりも沢山の汗をかきます。

吸湿性、発散性に優れたものを使用して頂きたいのです。

 

また大きさも重要です。

足が出てしまっている。(もってのほか・・)

布団のサイズに余裕がない。(寝返りをうつと・・・)

など、問題を挙げるといくつか出てきます。

 

最近、身長の高い学生さんもおおいですが、

しっかりその人にあった布団を使用して頂くことが

将来につながると感じております。

 

●最後に

人間の脳や身体には柔軟性があり、

環境に合わせようといたします。

 

そこで、慣れてしまう(対応してしまう)と、

ストレスがストレスと感じなくなってしまいます。

このことを私は危惧しているのです。

 

本日も御一読ありがとうございました。



にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同

この記事を読んだ人に読まれた他の記事


この記事と同じカテゴリーの最新記事

いなべ快眠ブログにコメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:
http://www.my-nemuri.jp/mt/mt-tb.cgi/381