・08/08/30:FMヨコハマの小山薫堂さん、柳井麻希さんの番組に井鍋安弘が生出演してきました!

「朝が苦手なのを克服したい!」
「グッスリ深く眠って疲れを取るのに、自分に合った方法は?」


私たち「いなべ」の調査と快眠診断におまかせ下さい!
最近、食事に気を付ける人は増えましたが、その食事の消化・吸収を
睡眠のとり方」左右します。ただ適当に寝ている睡眠を快眠に変えるだけで、
朝の体調・毎日の体が軽くなるんですね。

早速あなたも実感してみませんか?私たちがお手伝いします!

【ランキング実績】
・08/04/14:にほんブログ村ランキング/「睡眠」部門1位到達
小山薫堂がホテル企画で採用した寝具が買える!
「日本一の眠り馬鹿」井鍋安弘とスタッフ
あなたの快眠案内所


井鍋物語
プロフィール、
もっと言えば
私の原点です。


2008年8月27日

知っておきたい:冷やすと体全体の体温を下げられる場所とは?

今回も、暑い夏のための快眠方法です。
予告どおり、

・お風呂でほてった体がなかなか冷えずに暑苦しい方
・エアコンに直接当たるのでなく、他の方法で体温を下げたい方

のための簡単快眠テクニック(※)をご紹介します。
※人は、体温が下がると眠くなり、寝つきやすくなるのです。


夏は、お風呂から上がった後にしばらく体温が下がらずに
暑くて大変だ、という方もいらっしゃるでしょう。

今回も冷やしたタオルを使って、程よく体温を下げてみたいと
思います。

コツは、タオルをあてる場所です。
つまりどの部分を冷やせば、体全体の体温が下がって
気持ちよくなるかを知っていれば、うまく体温を下げることが
できるんですね。

その場所とは・・・2ヵ所あります。

脇の下
大腿部(足のつけ根)の内側

ここに、冷凍庫で冷やした乾きタオルをあてましょう。

なぜこの2ヵ所がいいのかというと、いずれも
皮膚が薄く、血管やリンパが体の表面に近い部分だからです。

つまり、そこを冷やすと体温が下がりやすいという理由があったのですね。

気持ちよくクールダウンして体温が下がったタイミングを見て、
布団に入りましょう。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠方法と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同

2008年8月26日

簡単!タオルを使った夏の快眠法

洗濯物で涼む? | エキサイトニュース

こちらの記事では、濡れたシーツやタオルを干す時の
気化熱を利用して、涼しくする実験が紹介されています。
失敗しているようですが・・。

これでは役に立たない内容かもしれません。
寝苦しい夜も、なんとか涼しくする良い方法を知りたいですよね。

そこで今回は、暑さで寝苦しいこの季節を乗り切る
快眠のための工夫をご紹介します。

やり方は簡単、タオルを使った快眠方法です。

まず乾いたタオルを、冷凍庫で充分に冷やします。
それを、寝る前に枕の上に敷くのです。

簡単ですよね。枕カバーを冷やしてもOKです。
この時に気をつけることは、「後頭部を冷やす」ということです。
首や肩まで冷やしてしまうと、人によっては
血行を妨げて肩こりにつながります。


もし、「冷たいタオルがすぐに温まって効果が長続きしない」
という場合は、もう一段階上の快眠法があります。
またタオルを使います。

今度は濡らしたタオルをよく絞ってから、冷凍庫に
入れておきます。
そうして冷えたタオルを、ビニール袋やポリ袋に入れてから、
先ほどと同じように枕の上に載せるのです。

こうすれば、冷却効果も長続きしますよ。


先日も書かせていただきましたが、人間は体温が下がると眠くなる、
つまり寝つきが良くなります。夏でもうまく安全に体温を下げるのが
快眠のコツです。


次回は、お風呂でほてった体がなかなか冷えずに暑苦しい方、
エアコンに直接当たるのでなく、他の方法で体温を下げたい方へ、
おすすめの方法をご紹介します。


↓人気ショップランキング、本日は○位です。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠方法と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同

2008年8月18日

夏でも湯船に浸かる快眠法

前回の続きです。
なぜ、夏でもシャワーだけで済ませず
湯船に浸かった方が快眠できるのでしょうか。

お風呂と眠りの関係をご説明いたします。

ぬるめのお湯(38度前後)でも、シャワーより
お風呂に浸かることによって、体の中の深いところまで
あたたかくなります。これが、血液の循環を良くするのです。

すると発汗がはじまり、汗の放熱作用で体温が下がるのです。

以前も書かせていただきましたが、寝る前に体温がほどよく
下がるのが、寝つきを良くするコツの1つなんですね。

逆にシャワーだけでは、あたたまっているようで
実は湯船に入って発汗するのとは大きく異なり、
身体の中に熱はたまったままになります。


湯船に浸かってからお風呂を出て、汗が引いたら
布団に入りましょう。体温を考慮した快眠法を考えれば
これがおすすめです。

特に、冷え性の方、足がほてる方、この季節に冷たいものを
飲んだり食べたりするのが好きな方は、血液の巡りが良くなく、
汗をかいた方が良いタイミングでかけない傾向があります。

汗がかけないと体に熱がこもってしまうため、夜、
暑くて寝苦しくなってしまうのです。

そういう方こそ、ぜひシャワーで済ませず
湯船に浸かって「快眠の夏」にして下さい。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠方法と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同

2008年8月15日

夏でもシャワーより湯船に使った方が眠れる理由

意識調査:20代の4人に1人、湯船に浸かるのは1ヶ月に1回以下

この調査結果には驚きました。(20~40代の男女441名)

なんと20代の4人に1人が、お風呂の湯船に浸かるのが
1か月に1回以下だというのです。

ちなみに20~40代の年代別では、

▼毎日湯船に浸かる人
・20代:40%
・30代:46.5%
・40代:53.5%

▼湯船に浸かるのが1か月に1回以下
・20代:26.2%
・30代:19.5%
・40代:18.5%

という結果でした。


特にこの季節は、シャワーだけで済ませるという方も
多いと思います。
暑い夜は、シャワーだけでさっと終わらせて
さっぱりすればいいんじゃないか、という気持ちには、
私もなることがあります。

しかし快眠法調査スタッフとしましては、

「実は夏でも湯船に浸かった方が快眠できる

という事実をご案内せずにはいられません。

ではなぜ、夏でも湯船に浸かった方が快眠
つながるのでしょうか。

その理由は・・・

次回に続きます!

---

↓今日の人気インテリアショップの順位が分かります。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠方法と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同

2008年8月 5日

夏の快眠:この夏、睡眠時間が減っていると感じる方へ

今回も夏の快眠法についてです。

夏の暑さ、あるいはその対策のエアコンが
効きすぎたり、またタイマーが早く切れすぎたりと、
快眠したくても夏は寝にくい要素がたくさんですね。

汗とともに夜中に目が覚めたと思ったら、
もう窓の外が明るくなりはじめていてショックを受けた、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。


ですが、ご安心ください。
夏の睡眠時間は、合計時間が他の季節より
短くなってしまうものなのです。

その理由は、夏は暑いので、起きがけの体温も早く上がり、
日中に活動する準備が調うのが早いため、
他の季節ほど睡眠時間がとれなくてもある程度は
大丈夫なのです。

そもそも、夏は外が明るくなる時刻も早いですよね。
人間の体のリズムは本来、明るくなったら(日の出とともに)
スイッチが入るようになっていますので、
早く起きてしまっても自然なことなのです。

ですから、「最近、ほとんど眠れていない。どうしよう」
と気にしすぎる必要はないんですね。
むしろそれを気にする焦りで熟睡快眠できない方が
マイナスです。

私たちの眠りは、眠りについてから直後の3時間に、
どれだけ質の良い眠りを得られるかで価値が決まります。

そこでぐっすり深く眠れれば、成長ホルモンも出て
お肌にも良いですし、健康のことを考えても特に
問題はなしと思って良いでしょう。

質の高い眠りを得るための寝室環境や寝具は、
快眠寝具通販いなべ
にご相談いただければ、
お一人お一人にあったアドバイスをさせていただきます。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠方法と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ここをクリックすると、今日本で一番評判のインテリアショップが
分かります。


本日もご一読、ありがとうございました。

快眠方法と寝具ならおまかせ:いなべスタッフ一同